自動車リースとは?


Q4. 自動車リースを採用するに際してのメリットはなんですか。

A4.  自動車リースについては、一般的には、「資金面でのメリット」、「財務面でのメリット」、「税務面でのメリット」、「車両管理面でのメリット」、「事故処理面でのメリット」などがあげられます。
 近年、自動車リースの場合は、車両管理業務のアウトソーシングによる業務削減と効率的な車両管理体制の実現を求めるニーズが徐々に高まってきています。
 企業内の省力化やコスト削減による経営合理化とともに、同時に有能な人材を直接部門などに適正配置することにより、経営効率を高められる側面もあります。
 自動車リースが認知された黎明期の頃は、資金面・税務面でのメリットを重視してリースを導入する企業がほとんどでしたが、最近では車両管理のアウトソーシングによるメリットや車両の運行管理サポートなどを高く評価する企業が圧倒的に多くなっております。
 これは車両管理コストの低減を図るとともに、業務の効率化や間接組織の合理化を目的として、自動車の管理全般を専門会社であるリース会社に委託したいという要望が強くなってきたためです。
 特に保有台数の多い企業では車両に伴うリスクマネジメントやコンプライアンス面の課題に対する有効手段として自動車リースシステムを検討する企業も増加しています。
 お客様のニーズによって求めるメリットの優先順位は異なりますので、充分なヒアリングの上、適切な提案を行うことが重要です。