四国自動車リース協会へようこそ


協会の設立経緯

当時、東京・名古屋・大阪・札幌・宮城・福岡・広島においては既に自動車リース協会が発足するとともに、日本自動車リース協会連合会も設立され、顕著な活動が展開されていました。
このような状況の中で、香川県においても、新しい自動車リース事業の発展と健全な経営の確立を目指すとともに、秩ある体制、システムの共同研究、情報交換、各社の交流及び関係諸官庁からの指導等、業界窓口の設立が強く望まれ、協会設立準備会が発足しました。

平成3年5月
香川県のリース事業者28社の参加を得て以下の設立趣旨をもって発足
(設立趣旨)
1)自動車リース事業の健全な発展と秩序ある体制作り
2)自動車リースシステムの共同研究、情報交換
3)事業の社会的経済的地位の向上と会員相互の親睦を図る
平成18年5月
名称を『四国自動車リース協会』と変更


協会の目的

自動車リースの普及と業界の健全な発展を図るため、会員及び関係諸機関との連携を緊密化することにより事業環境の変化による諸課題に的確に対応し、自動車リース事業の発展を通じて社会に貢献していくことを目的としています。


主な事業内容

1)自動車リースに関する関係諸官庁との折衝、関連諸団体との連携活動
2)自動車リースに関する登録関係、法制、税制・会計等諸制度の情報収集と対応
3)自動車リースに関する研修会、説明会の開催
4)各種の会員向会議・懇親会の開催

名 称 四国自動車リース協会
英語名:Shikoku Automotive Leasing Association(略称:SALA)
所在地 〒761-8013
香川県高松市香西東町278番地1 香川県自動車技能教育センター内
TEL・FAX:087-881-8208
設 立 平成3年(1991)年5月15日
会 員
(1)正会員
四国運輸局管内で、自動車リースに関連する事業を営む者とする
(2)賛助会員
四国運輸局管内で、自動車に関連する事業を営む者、並びに本会の趣旨に賛同するものとする
役員・幹事 会長1名、副会長2名、理事10名、監事2名、幹事3名
会議体 総会・理事会・幹事会







四国自動車リース協会
Copyright (C) 2005 SHIKOKU AUTOMOTIVE LEASING ASSOCIATION