自動車リースあれこれ


(3)自動車リース第1号?

アメリカの自動車リース第1号は
アメリカの民族大移動、西部開拓時代の駅馬車の写真が、現在シカゴ郊外にある大手自動車リース会社「フォー・フォイールズ・インク社」の本社ショールームに飾られているが、その駅馬車がオートリース第1号車と言われている。
日本の自動車リース第1号は
昭和39年1月に(株)日本インターナショナルが三愛石油(株)に「日産セドリックスペシャル」を36ヶ月、ファイナンス契約されたのがオートリースの第1号車と言われている。